ギャンブルで借金…あなただけじゃないです。
自分が馬鹿すぎて、 恥ずかしくて、惨めで…
みんな誰にも言えないだけなんです。



彼女との同棲生活 隣はパチンコ屋 【依存症だった頃】


20歳の頃、県外カップル歓迎派遣の工場勤務をしたことがある。初めての同棲はとても楽しみで二人して

一体どんな部屋かな?どんな仕事かな?近くにスーパーあるかな?と期待と少しの不安。

そして、派遣の方に連いていった先ついに

「ここが二人の住むアパートですよ」

多少古いが、場所が良く生活に不便しない十分満足のアパートでした。

しかも歩いて30秒アパートの隣はまさかのパチンコ店!!!


その時はまだこのパチンコ屋に給料のほとんどを持っていかれることを知らず、むしろ隣に

しかもこんなすぐ近くにパチンコ屋があることに喜んだのを覚えています(笑)

仕事も楽しく友人関係にも恵まれ、充実した毎日だった。


問題はお金…

案の定カップル二人して働いたお金はほぼパチンコに消えた。毎月毎月。

ひどいときは給料が入ってたったの4日で30万負けたこともあった。何度もケンカしたし、

「もうパチンコ屋にいくのはやめよう?」ともお互い真剣に話した。




そうして約一年が経ち、

結局少しのお金も貯金できずに仕事を辞めた。


思い出として残っているのは、彼女と過ごした楽しい時間。仕事仲間とごはんに行ったり

飲みに行ったり、遊びにいったりした時間。仕事も大変だったけど、楽しかった思い出として

ちゃんと残っている。



あれ??

パチンコをしていた楽しかった思い出は??一番時間使ったはずなのにおかしいな。


お金がなくて、苦しいカップラーメン生活は今では良い思い出として残っている。

それが味わえたのはパチンコのお陰だ!とでも思えばいいのかな?


でもまぁ、この頃は正直楽しかったですよ(*^_^*)

なんて言ったってまだまだ全然地獄の内には入らない…


借金をしてないですから♪…この頃はまだ。



あなたの禁ギャンブルの強い決意、かーくんは心より応援しております(*^_^*)


一緒に頑張りましょう(^^)/


かーくんはいつでもあなたの相談、決意報告、どんなコメントでも

心よりお待ちしております。



人気ブログランキングへ      
関連記事
▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理

1本化ローンのユーファイナンス





タグキーワード
  • No Tag
コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント


  無料会員登録はこちら



Copyright © ギャンブル依存症を治す方法【死にたくて苦しいのはあなただけじゃない】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます